JAPANESE
EDI
TOP PAGEへ
Contents
プロフィール デザインポリシー 作品メニュー 海外実績および活動 近況 会社概要 ニュースレター
こども環境学会 Japanese
デザインポリシー
総合環境デザインの組織
  私達の環境は都市計画、建築、家具、土木建築、こどものあそび場、住居等、今までバラバラに計画設計されてきました。新しい生活環境はこのようなバラバラの組織からは、うみ出す事は出来ません。私達の研究所は総合的な環境デザインの新しいタイプの計画組織です。都市計画、建築、土木造園、設備、構造、工業デザイン、インテリアデザイン、グラフィックデザイン等環境を設計するあらゆるデザイナーにより構成しています。
環境デザイン研究所は調査、測量、基本構想、基本計画、基本設計、実施設計、設計監理まで、一貫して行うデザイン事務所です。
また、シンクタンク、コンサルタント、設計事務所をあわせた日本で最もユニークな事務所です。
[スポーツ施設]
  スポーツの場とは往々にして大空間であることが多く、したがってそれが周囲の環境にどのように影響を及ぼすかということを考えねばなりません。 また内部空間と外部空間の関係も重要になってきます。
[博物館・科学館施設]
  博物館・科学館・美術館等も常に建築だけの問題でなく、内容との関連性、外構的な配慮も重要になっています。展示計画からプログラム計画、建築計画、運営計画、外構計画まで、全体のプロデュースを行います。
[こども施設]
  こども達のあそび場、公園、広場、児童館等、あそび環境の重要さがこれほど求められる時代はありません。こういう時代だからこそ、その質が問題なのです。
[幼稚園・保育園・学校]
  教育は、現代の日本の重要なテーマです。やさしさと思いやりにみちた暖かい空間をプロデュースしたいと思います。この領域では、自然と都市的な要素がうまく調和した環境が要求されます。
[住宅]
  住宅・集合住宅・山荘等、人間のすまいは建築の基本です。住まうということを徹底的に追求した設計をしたいと思います。
[健康医療・福祉施設]
  健康・福祉へ高い関心が払われ、豊かな環境づくりや地域での質の高い生活環境が求められています。身近できめの細やかなサービスを継続的に行うことができる環境づくりの提案を行います。
[アーバンランドスケープ]
  緑とオープンスペースは、人間になくてはならないものです。公園、レクリエーション園地、市民の森、フルーツパーク等、緑と人間に関するすべてのプロジェクトに総合的、立体的に提案して行きます。
[劇場・文化コミュニティ施設]
  今、地方の時代と呼ばれています。地域がかかえる諸々の問題を調査し、その解決の方向を提出します。特に余暇時代をむかえ、観光、レクリエーションの総合的な診断、計画・設計を行います。
Copyright(C)ENVIRONMENT DESIGN INSTITUTE