JAPANESE
EDI
TOP PAGEへ
Contents
プロフィール デザインポリシー 作品メニュー 海外実績および活動 近況 会社概要 ニュースレター
こども環境学会 Japanese
環境デザイン研究所の歴史
歴史 受賞歴 出版物 創設者の声
   
昭和43年 仙田 満が環境デザイン研究所を設立
  世田谷区尾山台にて業務開始、ドイツのインター2000 コンペにて佳作入賞
  8月環境デザイン研究所を渋谷区青山通りに移転、有限会社に組織変更、代表取締役 仙田 満
  黒い家(住宅)、大阪万博、三井グループ館に参加、横浜市希望ヶ丘公園の計画を担当
昭和47年 横浜においてこどものあそび環境の研究(自主研究)を始める
昭和50年 トヨタ財団より「こどものあそび環境の研究」に研究助成を得る(20団体中唯一の民間研究機関)
  港区三の橋皆川ビルに移転
昭和52年 代表 仙田 満が「こどものあそび環境のデザイン」で毎日デザイン賞を受賞
昭和54年 株式会社に組織変更、代表取締役 仙田 満
  こどもの国、児童館の設計が中心であるが、西武春日井ショッピングセンター等商業環境計画を始める
昭和57年 仙田 満が東京工業大学より工学博士を授与される(研究―こどものあそび環境の構造の研究)
昭和59年 NIRAより「こどものあそび環境マスタープラン作成の調査研究」に対し助成を受ける
  仙田 満が琉球大学工学部建設工学科教授に就任、当社代表取締役を辞職、名誉所長となる
昭和60年 筑波科学万博の政府出展施設こども広場を担当
昭和62年 浜松科学館に対し、BCS賞等多くの賞を受賞
昭和63年 港区一の橋、三田ソネットビルに移転
平成元年 仙田 満が名古屋工業大学社会開発工学科教授に就任
平成 4年 仙田 満が東京工業大学工学部建築学科教授に就任
  仙田順子が代表取締役に就任し現在に至る
平成 5年
造園、遊具、展示チームを充実させ、総合デザイン事務所をめざす
平成 8年 茨城県自然博物館に対し、日本造園学会賞受賞
  港区六本木に新社屋落成し移転
平成 9年 愛知県児童総合センターに対し、日本建築学会賞受賞
平成10年 環境デザイン研究所設立30周年を迎える
平成11年 仙田 満が日本建築学会副会長に就任
平成13年 仙田 満が日本建築学会会長に就任
平成14年 仙田 満が慶應義塾大学大学院 特別研究教授に就任
平成16年 仙田満がこども環境学会会長に就任
  仙田満が日本建築家協会副会長に就任
  仙田満が日本建築学会名誉会員に就任
平成17年 仙田満が東京工業大学名誉教授に就任、当社会長となる
  岩波出版より「元気が育つ家づくり」(渡邊篤史共著)を出版
  建築ジャーナル特集にて「健康とやすらぎの建築と環境」
平成18年 仙田満が日本建築家協会会長に就任
平成19年 仙田満が放送大学教授に就任
平成20年 環境デザイン研究所設立40周年を迎える
平成25年 環境デザイン研究所設立45周年を迎える
     
     


Copyright(C)ENVIRONMENT DESIGN INSTITUTE